陶磁器

古唐津

『絵唐津茶碗』

安土桃山期頃

箱付き




※写真は、焦点があまく、多少の歪みと反射が有り、実際の色と若干異なっています。


わざとらしい作為を感じない純粋で奔放な作風が

真似ようのない無辜の美を今に伝える・・・

安土桃山期に制作された

伝世で非常に貴重な

正真正銘の古唐津作品です!!!


古唐津 : 絵唐津茶碗

安土桃山期頃と推定

箱付き(二重箱) : 内箱は時代箱です(時代箱には多少の傷みが有ります)。

サイズ : 口径 11.3cm±〜10.0cm± 高さ 6.9cm±

コンディション : 古唐津には多少のダメージは許されますが、この作品にも金繕いがあり(非常に丁寧に修復されていることに好感を覚えます・・・景色の一部にもなっています)、窯焼きの際に入った(窯キズ)とも思われる入(にゅう)や高台部の土の削げ(かなり古い削げです)が有るものの、(厳密に診れば、他にも、窯焼きの際の自然な焼きムラや釉薬の全体的な貫入等が有りますが)安土桃山期からの古唐津の伝世品にしては(掲載写真でお判りの通り)充分に満足のゆく状態を保っています。


・・・以下、前ご出品者様のコメントを掲載させていただきます(弊社で要約/順不同)・・・

●桃山時代の道園(どうぞの)窯の産。

●やや小服で編笠型に歪められている、傷の少ない、とても希少な絵唐津茶碗です。

●伝世で、高台畳付きはとても滑らかになっています(土色も多少黒くなっています)。

●「円相」の絵付けは、「円窓」にも通じ、禅の思想に基づいたもので、お茶人に特に好まれる題材です。

●本歌の絵唐津らしい勢いのある自由闊達な筆遣いです。

●直しがあっても、本作品は傷の少ない方で、このクラスの絵唐津茶碗でしたら、お店で、ゆうに350万円位はすると思います。

●口縁部に焼成時に起因すると思われる「入」が有りますが、こういった古唐津の伝世品ではあまり気になりません。

・・以下は、以前に古唐津作品が出品された際の(本作品にある程度共通し参考になる)前ご出品者様のコメントです・・

●野育ちながら野卑に落ちず、また技に媚びず、品格を失わない焼き物。身近に置いて自己主張をせず、いつの間にかその自然な滋味に包まれ、手放したくなくなる焼き物。古唐津とはそういう焼き物です。古唐津は日本人にしか理解できない焼き物の5つの要素、すなわち、「景色」「土味」「手ざわり」「古色」「映り」を十分に兼ね備えた焼き物なのです。













※写真は、焦点があまく、多少の歪みと反射が有り、実際の色と若干異なっています。


オークション “ザ・コノサーズ” / Lot3085
古唐津 『絵唐津茶碗』 安土桃山期頃 箱付き

落札希望価格
現在の
最高入札価格
ご入札者 入札締切日
on request Bid Now!!   '18/7/23



入札申込書

※ ご入札いただきます場合は、必要事項をご記入の上、画面下部にある [ 入札 ] ボタンをお押しください。なお、[ 入札 ] ボタンを
押しても送信できない場合には、作品名と必要事項を、通常のEメールや、電話あるいはファックス等でご連絡くださいませ。


お名前 / Name :

イニシャル または ハンドル・ネーム / Initial or Handle Name :

お電話番号 / Telephone :

Eメール / E-mail :

              (確認のため再度ご記入くださいませ)

ご住所 / Address :

ご入札価格 / Price Bid : ¥

メッセージ / Message :
               ※メッセージが長文になる場合は、ボックスの端で必ず改行してください。