陶磁器

古唐津

『無地唐津酒盃』

安土桃山期頃

箱付き




※写真は、焦点があまく、多少の歪みと反射が有り、実際の色と若干異なっています。


わざとらしい作為を感じない純粋で奔放な作風が

真似ようのない無辜の美を今に伝える・・・

安土桃山期に制作された

伝世で非常に貴重な

正真正銘の古唐津作品です!!!


古唐津 : 無地唐津酒盃

安土桃山期頃と推定

箱付き : 箱には多少の傷みが有ります。

サイズ : 口径 7.2cm± 高さ 4.1cm±

コンディション : 古唐津には多少のダメージは許されますが、この作品にも、釉の剥がれや欠けを共色の漆で直した箇所が有り、更に、厳密に診れば、制作時からの(釉薬の)貫入・高台部の土の(古い)削げ・窯キズ・窯焼きの際に入った自然な焼きムラ(灰跡)等も有りますが、安土桃山期からの古唐津の伝世品にしては、充分に満足のゆく状態を保っています。


・・・以下、前ご出品者様のコメントを掲載させていただきます(原文通り/順不同)・・・

●青唐津の盃ですが、山盃ではなく、きっちりと高台削りのされた作りの良い碗形の盃です。口縁はたいへん薄く作られていますが、底が厚く、手取りがとてもいい盃です。

●通常の青唐津と異なり、独特の深く濃い緑色のガラス質の強い厚い釉から、岸岳古窯の一つ、飯胴甕(ハンドウガメ)窯か道納屋谷(ミチナヤダニ)窯のものと思われます。岸岳古窯といえば斑唐津の帆柱、皿谷窯が有名ですが、他に、中で最も古い飯胴甕、それぞれ土味が独特の山瀬、小十(コジュウ)、それから道納屋谷(ミチナヤダニ)、大谷、平松窯があります。

●通常、盃は、窯詰めの際に目積みを行うことが多く、そこに目跡が残りますが、この盃には目積みの跡がなく、一点ずつ焼き台に載せられて焼かれたと思われます。このように目積みをしないものは1590年頃までの古い窯で見られるものです。岸岳古窯は文禄2年(1593年)、波多氏の滅亡とともに閉窯したと伝えられています。

●ごく小さな釉のはがれを、4カ所、共色の漆で直していますが、金直しをする必要はないと思います(金を入れるためには、もっと削らないといけないので、よけい盃を損なうことになりますから、むしろやめた方がいいのです)。このような唐津の古い窯のものはまだ生産量も少なく、作りもきっちりしています。これだけ状態の良いものは非常に少なく、大変貴重な品です。

●本当になかなか無い物なので、お気に入りの仕服を仕立てて、九州の深緑を想像しながらお酒をどうぞ。釉がきらきらしてとても綺麗です。

・・以下は、以前に古唐津作品が出品された際の(本作品にある程度共通し参考になる)前ご出品者様のコメントです・・

●野育ちながら野卑に落ちず、また技に媚びず、品格を失わない焼き物。身近に置いて自己主張をせず、いつの間にかその自然な滋味に包まれ、手放したくなくなる焼き物。古唐津とはそういう焼き物です。古唐津は日本人にしか理解できない焼き物の5つの要素、すなわち、「景色」「土味」「手ざわり」「古色」「映り」を十分に兼ね備えた焼き物なのです。

●とくに「古備前の徳利に古唐津の盃」というのが、日本の酒徒の究極の憧れの取り合わせです。古唐津の盃は、酒を誘い酔い心地を増す心にくい存在です。唐津ほど酒によく馴染む焼き物はありません。唐津ひとつあれば足りる、一生一盃は唐津に尽きると言われるほど、唐津に「とり憑かれる」人が多いのです。しかし、古唐津の盃は近頃大変な高騰ぶりで、一般の愛好家にはなかなか手の届かない 高嶺の花になってしまい、山盃から陶片まで、よいものは本当に少なくなりました。呼び継ぎだらけの発掘物、発掘伝世品が殆どの中で、本当の「伝世品」を入手できる方は非常に幸運です。












※写真は、焦点があまく、多少の歪みと反射が有り、実際の色と若干異なっています。


オークション “ザ・コノサーズ” / Lot3088
古唐津 『無地唐津酒盃』 安土桃山期 箱付き

落札希望価格
現在の
最高入札価格
ご入札者 入札締切日
on request Bid Now!!   '18/10/8



入札申込書

※ ご入札いただきます場合は、必要事項をご記入の上、画面下部にある [ 入札 ] ボタンをお押しください。なお、[ 入札 ] ボタンを
押しても送信できない場合には、作品名と必要事項を、通常のEメールや、電話あるいはファックス等でご連絡くださいませ。


お名前 / Name :

イニシャル または ハンドル・ネーム / Initial or Handle Name :

お電話番号 / Telephone :

Eメール / E-mail :

              (確認のため再度ご記入くださいませ)

ご住所 / Address :

ご入札価格 / Price Bid : ¥

メッセージ / Message :
               ※メッセージが長文になる場合は、ボックスの端で必ず改行してください。